ホンダが初日最速、4台トップ10入り「ルーキー角田含む全員が順調。PUを最適化し予選で好結果狙う」と田辺TD【F1第1戦】

©株式会社サンズ

 2021年F1バーレーンGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=1番手/2=1番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=6番手/2=10番手だった。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1=14番手/2=7番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=7番手/2=9番手だった。

 FP1ではフェルスタッペンが12周を走るなかでトップタイム1分31秒394(ソフトタイヤ)をマーク。ペレスは6番手タイム1分32秒071(合計15周)、ガスリーは7番手タイム1分32秒195(合計23周)、角田は14番手タイム1分33秒329(合計21周)をそれぞれソフトタイヤで記録した。ガスリーは全体で最多周回数を走行している。

2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 FP2ではフェルスタッペンが1分30秒847(合計23周)で再び最速。角田が7番手タイム1分31秒294(合計23周)、ガスリーが9番手タイム1分31秒483(合計27周)、ペレスが10番手タイム1分31秒503(合計23周)を、それぞれソフトタイヤでマークした。ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する4台がすべてトップ10に入り、好調な初日となった。

2021年F1第1戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 開幕戦の初日となった今日は、4台のマシンとも、基本的に順調に走行し、スムーズな一日となりました。

 例年とは異なり、2週間前に行われたプレシーズンテストと同じサーキットでの開幕戦ですので、PU・車体ともにある程度のセッティングのベースができた上で臨んでいます。

 また、今年からP1とP2の走行時間が各90分間から各60分間に短縮されていますが、それに合わせたプログラムの中で設定を行い、PUのセッティングに関しても予定通り進めることができています。F1初走行のルーキー角田選手を含む4名のドライバーともに、順調な一日だったと思います。

 明日の予選に向けて今晩十分にデータを確認し、最適化を図り、いい結果を得られるように全力で臨みます。

2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリAT02・ホンダ)