MOTUL AUTECH GT-Rが最速タイムを記録。スーパーGT富士公式テスト1日目午前セッション1

©株式会社サンズ

 3月27日、2021年シーズンのスーパーGT開幕を前にした最後の公式テストが富士スピードウェイでスタートした。気温12.4度、路面温度が28.2度という肌寒さも感じさせるコンディションのなか、10時から行われたセッション1ではMOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマーク。2番手にau TOM’S GR Supraが、3番手にKeePer TOM’S GR Supraが続いた。GT300クラスはディフェンディングチャンピオンのリアライズ日産自動車大学校 GT-Rがトップタイムをマークしている。

 GT300クラスのアールキューズ AMG GT3が不参加となったが、2021年のスーパーGTに参戦する43台が開幕戦を2週間後に控えるなか富士スピードウェイに集結。翌28日に降雨が予想されているため、27日10時からスタートしたセッション1は当初の予定から30分延長された150分間で実施された。

 セッション序盤、平川亮がステアリングを握るKeePer TOM’S GR Supraがコカ・コーラコーナーでコースオフを喫し、グラベルから自力で脱出できなくなったため赤旗が掲示された。KeePer TOM’S GR Supraには目立ったダメージはなく、平川はFROの牽引によりコースに復帰を果たしている。

 開始から43分が経過したころ、アドバンコーナーで平手晃平の乗るCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rと、今季GT300クラスデビューを迎える片山義章のドライブするTeam LeMans Audi R8 LMSが接触するアクシデントが発生。平手はコースサイドにマシンを止めて、2度目の赤旗が掲示された。

 セッション前半はこれらのアクシデントやコースアウトが散見されたが、後半に差し掛かると各車は順調にプログラム消化に努めた。

 終盤、MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリが1分28秒192を記録してトップに浮上。その後もクインタレッリのタイムを上回るマシンは現れず、MOTUL AUTECH GT-Rがセッション1をトップで終えた。2番手にトヨタGRスープラ勢トップのau TOM’S GR Supra、3番手にKeePer TOM’S GR Supra、4番手にカルソニック IMPUL GT-R、5番手にホンダNSX-GT勢トップのSTANLEY NSX-GTが続いた。

 GT300クラスは、中盤に1分36秒476をマークしたリアライズ日産自動車大学校 GT-Rがトップ。2番手には11号車 GAINER TANAX GT-Rが、3番手にRUNUP RIVAUX GT-Rが続き、ニッサンGT-RニスモGT3がトップ3を独占した。4番手にはGTA-GT300マシントップの埼玉トヨペットGB GR Supra GTが1分36秒830で続いている。なお、ショーン・ウォーキンショーとジュリアーノ・アレジがステアリングを握るarto RC F GT3はミッショントラブルのため、セッション終盤に4周のみ計測を行なっている。

 午後のセッション2は14時から16時30分まで、こちらも150分間実施される。

トップタイムを記録したMOTUL AUTECH GT-R
2021スーパーGT富士公式テスト au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)
2021スーパーGT富士公式テスト KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/阪口晴南)
コカ・コーラコーナーでコースオフを喫したKeePer TOM’S GR Supra
2021スーパーGT富士公式テスト カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)
2021スーパーGT富士公式テスト STANLEY NSX-GT(山本尚貴/武藤英紀)
アドバンコーナーでアクシデントに見舞われたCRAFTSPORTS MOTUL GT-R
2021スーパーGT富士公式テスト リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)

この記事はいかがでしたか?