神奈川「長井海の手公園ソレイユの丘」菜の花と富士山の絶景を3月まで楽しめる!園内に温浴施設もあり。

©株式会社WHyKNOT

mashiro

ライター

mashiro

ライター

大阪在住のライターです。 旅行会社で国内旅行業務を担当していました。旅や観光のプランニングが得意です☆ 関西や九州の温泉とお花の名所めぐり、イラストが趣味。学生の頃は寺巡りサークルで関西のお寺を回っていました。

mashiroの記事一覧を見る

相模湾や富士山を望む岬に広がる三浦半島の「長井海の手公園ソレイユの丘」では、10万本の菜の花が3月まで咲き誇り、お天気がよければ富士山と菜の花のコラボレーションも楽しめます。

三浦半島は海を臨む温泉が点在するエリアでもあり、日帰り入浴も利用できますよ。

写真:お天気のいい日には富士山をバックに菜の花畑を見渡せる!

相模湾や富士山の絶景を望む人気スポット「長井海の手公園ソレイユの丘」

写真:広大な敷地内でさまざまな体験ができる(提供:横須賀集客促進・魅力発信実行委員会)

ソレイユの丘」は自然や動物と触れあえる体験型の横須賀市営公園です。

冬から春の菜の花、秋のコスモスなどの花畑や、カピバラやカンガルーなど動物たちとのふれあい体験、季節のピザを自分で作って食べる食の体験などができるほか、バーベキューやキャンプも楽しめます。

横浜からは車で約45分、都内からも60分入場無料・年中無休なので気軽にファミリーで満喫できますよね。(※有料の駐車場あり)

横須賀市内からだけではなく、市外からも訪れる人が多い人気の公園施設です。

3月までたっぷり菜の花を楽しめる

写真:春の訪れを感じさせる菜の花が4か月間も!(提供:横須賀集客促進・魅力発信実行委員会)

東京ドーム5.2個分の広大な敷地内では、四季折々の花々を楽しめます。

公園の入り口を入ってすぐのところにあるお花畑では、冬から春には約10万本の菜の花が咲き誇ります。

通常、菜の花が咲くのは2月~3月頃ですが、ソレイユの丘ではミックスされた菜の花の種を撒いて、菜の花が順次開花するように工夫されているため、12月から3月で、長期間にわたって楽しめるのです。

今シーズンは咲き始めが12月中旬と例年より早かったようですが、2月中旬現在も見ごろが続いているようです。

そして菜の花畑がある入口花畑は園内でも、富士山や海、花畑の共演を見ることができる絶好の撮影スポット!

2月は富士山がきれいに見える季節。2月10日現在の情報では、富士山が見られる確率は90%!お天気さえよければ菜の花と富士山の絶景が楽しめそうですね。

また、3月31日まで「菜の花まつり」も開催されています。

レストランでは、「富士と菜の花の競演カレー」や、和風パスタ「菜の花パスタ」など、菜の花をイメージしたメニューも登場!

菜の花の形をかたどったクッキーを乗せて作る「菜の花メロンパン作り」体験や、「菜の花のハーバリウム作り」も体験できますよ。菜の花だけで一日楽しめそうですね。

写真:菜の花のあとはネモフィラのブルーが色鮮やかに公園を彩る(提供:横須賀集客促進・魅力発信実行委員会)

そして4月中旬からは約1,000㎡の円形花畑で、約50万本のネモフィラが開花!空、海、ネモフィラと一面のブルーに囲まれる体験をしてみたいですね。

横須賀市内に点在する温泉でひとやすみ

写真:ソレイユの丘園内にある温浴施設も好評(提供:横須賀集客促進・魅力発信実行委員会)

横須賀市では市街地に近い場所に湧出する温泉が点在しています。

佐野天然温泉では、自然に囲まれた露天風呂で地下800mから湧き出る温泉を日帰りで利用できますよ。ナトリウムー塩化物泉の泉質のお湯は老廃物を取り除いてくれる美人の湯といわれています。

横須賀温泉「湯楽の里」は、塩分を含んだ保温効果が高い天然温泉。露天風呂からは東京湾を一望できます。

また、温泉ではありませんが、ソレイユの丘園内にも温浴施設「海と夕日の湯」があり、広大な相模湾、富士山の絶景を望む露天風呂も完備されています。夕焼け空が特におすすめだそうです。

ソレイユの丘で菜の花の絶景を楽しんだ後は、ゆっくりと温まってくださいね。

(まとめ・文:mashiro、編集:hotspring727)