「トンネル掘削時の湧水減らす」

JR東海、静岡リニア専門部会で

©一般社団法人共同通信社

 リニア中央新幹線静岡工区を巡り、南アルプスの生態系への影響を検討する静岡県の専門部会が29日、開かれた。JR東海が、環境保全対策としてトンネル掘削の際に発生する湧水を減らし、生息する魚の産卵場所を整備するなどの方針を委員らに説明した。

 JR東海は「定期的に現地の調査をしながら、専門家の意見も聞いて対応したい」と説明。委員から「どのように環境整備を進めるか具体的に教えてほしい」と声が上がった。

 静岡県は3月、JR東海の環境保全対策は「影響を回避・低減するための方法を具体的に検討する姿勢が見られない」として、さらに認識を示すよう求める意見書を提出していた。