スエズ座礁船の船尾が移動

部分的に浮上、航行再開不明

©一般社団法人共同通信社

 【カイロ共同】エジプトのスエズ運河で座礁したコンテナ船「エバーギブン」(愛媛県今治市の正栄汽船所有)の離礁作業で、現場の作業関係者は29日、「船尾部分が大きく動いた」と述べた。座礁船の航行再開につながるかどうかは不明。

 AP通信は29日、スエズ運河で座礁しているコンテナ船「エバーギブン」が「部分的に浮上した」と伝えた。

 インターネット上では、コンテナ船が向きを変え、運河に空間ができたとの情報が出ている。スエズ運河庁は同日未明、タグボートを使った離礁作業が再開したと発表していた。