3度の戦力外、NPB時代の貯金を切り崩す日々…元鷹左腕が5年半ぶりに迎えた登板

©株式会社Creative2

元ソフトバンクの坂田将人

2010年のドラフト5位で入団した坂田将人、同期には千賀や甲斐

背番号はない。ユニホームどころか、Tシャツ姿。それでも、マウンドに立てたことが、何より気持ちを昂らせた。3月上旬、クラブチームとの練習試合。独立リーグの練習生となった元ソフトバンクの坂田将人投手は、5年半ぶりに対外試合で登板した。3度の手術、収入はゼロ、三十路が近く28歳。執念なんて思いは、とっくに通り越した。今はただ、純粋に野球と向き合えている気がする。【小西亮】

岐路の連続だった。7年過ごしたNPB時代を振り返ると、自然と苦笑いが浮かぶ。「いい思い出を探そうと思っても、ないですね。苦しかったことしか思い出せないです」。投げているより、リハビリしている時間の方が圧倒的に長かった。

2010年のドラフトで5位指名を受け、福岡・祐誠高からソフトバンクに入団。同期には、育成4位で千賀滉大、育成6位で甲斐拓也がいた。身長175センチとNPBでは小柄ながら、通算142勝の杉内俊哉・現巨人1軍投手コーチと重ねる関係者も少なくなかった左腕。3軍戦で経験を積んだ1年目を終えた矢先、思った以上に試練は早くやってきた。

2年目に左肩を痛め、シーズン終盤に手術を決断。3年目は完全に棒に振り、球団側から戦力外を通告されて育成選手となった。5年目の2015年になってようやく、2軍戦で9試合47イニングを投げ、3勝2敗、防御率2.11をマーク。シーズンオフには支配下に返り咲いたが、翌2016年に再び左肩の手術を余儀なくされ、たった1年で育成に戻った。メスを入れても完全に不安はなくなるわけでもなく、2017年限りで“最後の戦力外”を受けた。

長い目で復活を待ってくれた球団への感謝は忘れない。「評価していただいていたので、何とか投げられるようにという気持ちはありました。結果的には期待に応えられずに申し訳ないなと」。ただ、まだ24歳。諦める選択肢はなかった。「どうにかして、野球をやりたい」。NPB球団からは声がかからず、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに新天地を求めた。

現在は茨城アストロプラネッツと練習生として契約している

独立L栃木で3年間登板なし、引退決意も記念出場のトライアウトで…

生活をしていくだけの手取りはあったが、故障の影響ですぐに給料のない練習生契約に。同じ待遇の選手たちは練習後にアルバイトをしているが、その時間を治療に充てた。いいと聞けば、全国どこの病院や治療院だって訪ねた。「本当はバイトしないといけないんでしょうけどね…」。貯金を切り崩しながら、当座の生活費を捻出。「ソフトバンク時代の契約金とかが一応、残っていたので」。それでも通帳の残高は、月に10万単位で減っていく。チームメートと近くのスーパーの特売日を連絡し合い、できる限り切り詰めた。

肝心の肩の状態は、なかなか上向かない。結局、栃木では1試合も投げられないまま3年が経過。腰にもメスを入れた。さすがに、第2の人生を直視した。「家族に最後のユニホーム姿くらい見せてあげれれば」。昨年12月、新庄剛志氏の参加で注目を集めた「プロ野球12球団合同トライアウト」を受験。“ラスト登板”のはずで上がったマウンドで、思いもよらない感覚が全身に宿った。

「球速は全然でしたが、ちゃんと投げられたんです。今まで周りから『痛みは気持ちの問題だから』と言われても、それ違うと思ってきました。でも、最後だからって腹をくくったら、投げることができたという事実もあって……。気持ちの問題もあったんかなーって思わされたのと同時に、まだ野球を続けろってことなのかといい方向に捉えちゃいました」

ほぼ消えていたはずの火が、瞬時にして燃え立った。今年2月、栃木と同じBCリーグに所属する茨城アストロプラネッツと練習生として契約。10年も悩み続けてきた肩への気遣いを続けながら、まずは選手契約を見据える。その先にはNPB返り咲きの青写真も描くが、何より自らの胸の内を大事にしながら現役を続けたい。

「これまでみたいに追い詰められているというよりは、自分の中で少し気持ちの余裕を持ちながらやれています」

余念のない治療やケアを続けるが、また体が悲鳴を上げるかもしれない。たとえ持ち堪えることができたとしても、いつかは誰にだって現役引退の瞬間は訪れる。「選手」ではなくなる恐怖に怯えるより、清々しくユニホームが脱げるか。そして、リハビリの日々が無駄ではなかったと胸を張れるか。目の前の一日に没頭することこそが、答えへの近道だと信じている。(小西亮 / Ryo Konishi)