KAT-TUN、デビュー15周年で月イチ冠番組。“3人で今やってみたいこと”をメンバー自ら企画

©株式会社東京ニュース通信社

KAT-TUNが今年3月22日でデビュー15周年を迎えたことを記念し、フジテレビでは4月19日からKAT-TUN 15th Anniversary Program「何するカトゥーン?」(深夜0:55、関東ローカル)を月1回でレギュラー放送する。

同局でのKAT-TUNの冠番組は今回が初めて。ドラマやバラエティー、舞台などソロでも多方面で活躍中の3人が、グループの15周年記念というコンセプトの下、「15周年の今だからこそ3人で〇〇やってみた!」をテーマに、各メンバーが考えた「3人で今やってみたいこと」に、他の2人が付き合わされるという内容だ。3人がそろうことで垣間見られる“男子校的なノリ”や、15年の苦楽を共にしてきた3人の絆も感じられる、彼らの魅力を凝縮した番組となる。また、番組のエンディングでは、KAT-TUNの楽曲をスタジオライブとして披露する。

亀梨和也は「15周年という記念の年にこうして番組を作っていただけるのは非常にうれしいことですし、タイトルのように『何する?』って感じでみんなで話したり感じたりしながら、その瞬間その瞬間のいい熱量のあるものを、皆さまにお届けできたらいいなと思っております。ぜひぜひたくさんの方に楽しんでいただけたらと思います」と期待を寄せる。

上田竜也は「毎回3人だけで収録するというのはなかなか今までになかった番組になると思うので、3人の関係性や会話だったり、いい意味でリラックスしている姿をお見せできると思います。歌っている時とはまた違うKAT-TUN、ガチガチのバラエティーをやっていないKAT-TUNというのを、また新しいグループの顔として見せられるかなと思うので、ぜひ楽しみにしていてください」とアピール。

中丸雄一は「そもそも番組コンセプトが15周年のアニバーサリーですし、他の番組や雑誌などで言えなかった本音のような部分も出していける、KAT-TUN的にはかなり濃厚な番組になりそうなので、特にファンの人たちには楽しんでもらいたいと思います」と予告している。

なお、事前番組として「何するカトゥーン?#0」が、3月31日(午後10:00)からフジテレビTWO ドラマ・アニメで放送、FODプレミアムで配信される。