和歌山の感染者、変異株が6割に

1週間増加傾向

© 一般社団法人共同通信社

 和歌山県は30日、新型コロナウイルスの感染者のうち、29日までの1週間で確認された人の64.2%から変異株を検出したと発表した。県は3月に入り、全ての新規感染者の検体に変異株用のPCR検査を試みている。

 直近1週間の変異株の割合は15日時点で25%だったが、22日に40%、26日には62.5%に上昇していた。県内ではこれまでに47人の変異株感染が分かっている。

 県福祉保健部の野尻孝子技監は「大阪や兵庫でも変異株の陽性者が増えており、ウイルスが(既存の株と)置き換わってきている可能性が高い。改めて早期受診・検査への協力をお願いしたい」と呼び掛けた。