米大統領の愛犬、また職員をかむ

ホワイトハウスで散歩中

© 一般社団法人共同通信社

米ホワイトハウスの庭を歩くバイデン大統領の愛犬「メジャー」=1月24日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは30日、バイデン大統領の愛犬「メジャー」がホワイトハウスの庭を散歩中、再び職員にかみつく事件を起こしたと報じた。メジャーは今月上旬にも警護担当者にかみつき、一時は東部デラウェア州にあるバイデン氏の自宅に戻されていた。

 事件があったのは29日の午後で、散歩中に勤務中の職員にかみつき、職員はホワイトハウス内で治療を受けたという。けがの程度など詳細は不明だが、既に勤務に復帰したという。

 メジャーは3歳のジャーマンシェパード。バイデン夫妻が2018年に保護施設から引き取り、1月に「ファーストドッグ」としてホワイトハウス入りした