東出昌大 「ボクサーの方々に観ていただきたい」 ボクシングの世界の表現に自信 映画「BLUE」

©合同会社シングルライン

「BLUE/ブルー」の写真をもっと見る

松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が、成功を約束されていなくとも努力を尽くすボクサーを演じる映画「BLUE/ブルー」が、4月9日より劇場公開される。公開を前に、東出昌大と𠮷田恵輔監督が登壇したトークイベントが開催された。

強さと才能を合わせ持つボクサー・小川を演じた東出。役作りについては、「ジムに通ってトレーニングを続けているうちに、小川って本当に良い役なんだなと、台本を読んでいるだけでは感じられなかったキャラクターの広がりが自分の中にありました」と、トレーニングによって役の理解が深まったことを語った。

脚本も手掛けた𠮷田監督は、ボクシングを30年以上続けてきた。その𠮷田監督は「ボクシングっていうとカッコよくて華やかで、爽やかな青春映画にしたくなるかもしれないんだけど、現実は危険もあるし、リスクを背負って戦っているんです。自分がやっていると、カッコいいところだけをくり抜いて描くということはできないですね。なるべく現実と向き合うような作品にしました」と、リアリティを追求したことを明かした。

初号試写を見て感動したという東出は、「すぐ監督に電話しなきゃ!と思い“『BLUE/ブルー』すごく良かったです”って電話したんです。そしたら“ブルーって何?”って言われて。興奮して間違って、吉田大八監督に電話かけてたんですよね(笑)」とチャーミングなエピソードを披露。さらに、「本当に言葉で表現するのが難しい作品。これがテーマだって一言で表せられないものだから、2時間かけて監督が描いたんじゃないかと思っています。それくらい味わい深い素晴らしい作品です。まずはボクサーの方々に観て頂きたい。華やかでカッコいいところだけを描いたものではないから、きっと“俺たちの思いをよく表現してくれた!”と思ってもらえるはずです。そう言っていただけるだけの自信があるし、そこまでの役作りや掘り下げができたと思っています」と胸を張っていた。

「BLUE/ブルー」は、「ヒメアノ~ル」「犬猿」などを手がけ、リアリティあふれる描写で人間の光と影を表現し続けてきた𠮷田恵輔が、監督・脚本を務めた完全オリジナル作品。8年の構想期間をかけて作られた。挑戦者を象徴する”ブルーコーナー(青コーナー)”で戦い続ける者たちの生きざまを描いている。松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が、成功を約束されていなくとも努力を尽くすボクサーを演じる。

【作品情報】
BLUE/ブルー
2021年4月9日より新宿バルト9他、全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
©2021「BLUE/ブルー」製作委員会