スエズ運河庁、損害1100億円

離礁作業でと主張

© 一般社団法人共同通信社

 【カイロ共同】エジプト・スエズ運河をふさいだコンテナ船「エバーギブン」(愛媛県今治市の正栄汽船所有)の座礁について、スエズ運河庁のラビア長官は3月31日、離礁作業などで用いた損害額が「10億ドル(約1100億円)を超えるだろう」と述べた。地元テレビのインタビューに応じた。

 ラビア氏は離礁成功を伝えた29日の記者会見で、運河庁の損害が「1日1200万~1500万ドルに上る」と答えていた。運河の停止期間は約6日間だが、同庁が損害を主張する額が大幅に増えた。

 ラビア氏は算定根拠について、しゅんせつ作業や運河停止に関係する大型機材使用料や作業員の手当などとした。