元阪神・西岡剛、37歳シーズンも現役続行! BC栃木と契約「今年はフルシーズン」

©株式会社Creative2

BC栃木・西岡剛【写真:細野能功】

2019年から栃木でプレー「スポーツで元気を与えられるように」

独立リーグのルートインBCリーグに所属する栃木ゴールデンブレーブスは1日、元阪神の西岡剛内野手と今季も契約を締結したことを発表した。2018年限りで阪神を戦力外となり、2019年に栃木入り。昨季はコロナ禍の状況を見極めつつ、昨年9月から2か月ほどプレーした。今季で栃木では3シーズン目を迎える。

西岡は球団を通じて「契約していただいたことに感謝いたします。まだまだコロナ禍が続く中、スポーツで元気を与えられるように頑張ります」とコメント。オフは例年通り日本ハムの中田翔内野手らと自主トレを行うなど、精力的に調整していた。今季に向け「昨シーズンは試合数も少なかったですが、今年はフルシーズン頑張っていきたいと思いますので是非球場へ足を運んでいただき、熱いご声援をよろしくお願いします」と呼びかけた。

栃木では昨季、2006年のWBCで二遊間を組んだ川崎宗則内野手もプレー。今季の去就はまだ決まっておらず、引き続き栃木でプレーすることになれば、今年も“世界一の二遊間”が独立リーグで見られることになる。(Full-Count編集部)