まん延防止措置を初適用

宮城、大阪、兵庫に1カ月

©一般社団法人共同通信社

大阪・ミナミを行き交う人たち

 政府は1日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、緊急事態宣言に準じた対策を可能とする「まん延防止等重点措置」について、感染が急拡大している宮城、大阪、兵庫3府県に全国で初めて適用することを決めた。期間は5日から5月5日までの1カ月間。3府県の特定地域で感染拡大が見られ、医療提供体制の逼迫を懸念した。営業時間短縮要請に応じた事業者への協力金は事業規模に即した内容に変え、中小企業最大10万円、大企業最大20万円とする。

 宮城県は仙台市、大阪府は大阪市、兵庫県は神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市の計6市が対象に指定される予定だ。