[BC]最終回同点スクイズ許す オープン戦・信濃と3-3

©株式会社新潟日報社

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは2日、長野県の中野市営野球場で同じ中地区の信濃とオープン戦を行い、3-3で引き分けた。

 新潟は最終回に追い付かれた。

 打線は2点を追う六回、熊谷の2ランで同点。七回、1死一、二塁で奥田が適時打を放ち一時勝ち越した。

 先発佐藤は初回、2死二、三塁から2暴投で2失点。その後は無失点でしのぎ、五回以降も救援陣が得点を許さなかった。だが、3-2の九回、田村がスクイズを決められた。