キンプリ永瀬廉、岩橋玄樹の脱退・退所にコメント「6人で前を向いて出した結論」

© 株式会社ドットレンド

King & Princeの永瀬廉が4月1日放送のラジオ「永瀬廉のRadioGARDEN」(文化放送)に出演。岩橋玄樹のグループ脱退とジャニーズ事務所退所についてコメントした。

2018年11月よりパニック障害の治療のため、活動休止していた岩橋は、3月31日をもってグループ脱退・ジャニーズ事務所を退所した。永瀬は、岩橋の脱退と退所を改めて報告し「驚いた方、心配してくれてる方、そして寂しい思いをさせてしまっている方、何より応援してくださってる方、本当になんていうんでしょうね、申し訳ない気持ちでいっぱいというか…」と心境を語った。

岩橋含め、メンバーとは全員で話をしたとも明かし「6人全員で前を向いて出した結論で、正直全然仲悪いからとかではないですし、むしろいろんな話が出来て、より一層仲良くなったというか。もともと仲は良かったんですけど」と話し合った結果の前向きな結論であることを告白。続けて「ちょっと我儘かもしれないですけど、玄樹、(平野)紫耀、(髙橋)海人、岸(優太)さん、ジン(神宮寺勇太)、そして僕の、こういう形ではありますけど、新しい一歩を応援して頂けるとうれしいな、というふうに思います」と呼びかけた。

永瀬はラジオのオープニング曲に自分たちのデビュー曲『シンデレラガール』をチョイスし「この曲で僕ら6人はデビューさせてもらいました。大切な曲です」と紹介。「玄樹、野球教えてください。4番目指してます!」と岩橋におちゃめなメッセージも送っていた。