常陽銀、取引先の福利厚生代行 金融・優待メニュー利用

© 株式会社茨城新聞社

常陽銀行本店=水戸市南町2丁目

常陽銀行(水戸市、笹島律夫頭取)は2日、取引先向けの福利厚生代行サービスを始めたと発表した。資産形成に関する無料相談会といった銀行ならではの金融メニューや全国で使える優待クーポンサイトなどが利用できる。オプションメニューとして、同行シンクタンクの常陽産業研究所(同市)のセミナーを優待価格で受けられる。

サービスは「JOYO 福利厚生サービス」で、取引先の法人・個人事業主が対象。月額基本料金(税込み)は従業員数100人以下が1万千円、101人以上が2万2千円。同行ホームページから申し込む。

金融メニューは事業所単位での資産形成に関する無料相談会のほか、特別金利のフリーローンや年会費無料のクレジットカード(ゴールドカード)がある。優待メニューは地元をはじめ、全国6万件以上の優待クーポンサイトや千品以上の物販サイトが利用できる。