水球代表候補合宿でクラスターか

選手7人感染、3月後半

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 日本水泳連盟は4日、水球男子の日本代表候補合宿参加者のうち7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全て選手という。3月16~24日に関西地区で行った合宿でクラスター(感染者集団)が発生した可能性が高いとしている。

 合宿の解散後、30日に1人の陽性者が出たため、合宿に参加していた選手22人、スタッフ8人を検査したところ、陽性判定が相次いだ。6日から実施予定だった合宿は中止することを決めた。

 日本水連は「このような事態となったことを深く反省している」とし、再発防止に努めるとのコメントを発表した。