日産がついに新型エクストレイルの登場を正式発表【みんなの声を聞いてみた】

©株式会社MOTA

日産は2021年3月26日(金)、同年4月21日より開幕する上海モーターショー2021にて新型エクストレイルを公開すると発表した。既に北米では兄弟車である新型ローグ(日本名:エクストレイル)が2020年10月より発売されている。新型エクストレイルについても様々な憶測が飛ぶ中、ついに日産から正式に新型エクストレイルの名が出た形だ。待ちに待った新型登場のアナウンスに対し、一般ユーザー、さらにはこれから購入を検討している人々はどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

日産 新型エクストレイル(4代目)[画像は北米仕様の新型ローグ2021モデル]

正式に新型エクストレイルの登場をアナウンス

現行エクストレイル

初代モデルが2000年に登場し、現行モデルは3代目にあたる日産 エクストレイル。初代登場から2020年までの間、世界全体での累計販売台数は626万台を記録する。

現行モデルとなる3代目は2013年より登場し、その後マイナーチェンジや仕様向上を繰り返しながら2021年現在も販売するロングランモデルとなっている。

その間、新型モデルの登場が何度も噂されるも、日産からの正式アナウンスはなかったが、今回ついに上海モーターショー2021で新型エクストレイルの登場が予告された。

既に北米では兄弟車となる新型ローグ(日本名:エクストレイル)が2020年10月より展開されており、新型エクストレイルもこれに近い形と予測される。一時は新型ローグが出ても、新型エクストレイルも出てくるか分からない、といったことなどもSNS上では囁かれていた。

SNS上でのみんなの声は?

北米で展開されている新型ローグ

デザインは今のところ好印象の様子

ついに正式に新型発表がアナウンスされたエクストレイルについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

今のところ登場がアナウンスされているだけで、新型エクストレイルの正式ビジュアルはまだ公開されてはいないものの、すでに北米で展開中の新型ローグを見てのデザインに関する声がまずは一定数見受けられた。

「原点回帰で無骨なデザインを!!」といった現行モデルから言われ続ける声もみられる中、意外にも「シティ派路線のデザインに舵を切った現行モデルよりはマシになった」「好きなデザインに戻った」「クセを活かしたデザインが意外に悪くない」といった好印象を挙げる声も多数見受けられた。

海外先行導入に対する世間の見方に変化あり?

そのほか盛り上がっていたのは、新型エクストレイルの発表が上海モーターショーで行われるということについて。

「国内市場を第一にではなかったのか?」「中国での発表というのが日本軽視というのがよく分かる」と、日本車の海外先行導入の際に多く見かける声が今回もちらほら存在。

そんな中、一部には「メーカーも生き残らなくてはいけないから、海外に注力するのは必至」「市場規模の小さい国内より大きい海外で先行発表は当たり前」「買ってくれない国で発表してもしょうがない。日本人は軽で満足しているのだから」とした声も少なくない数で存在しており、海外先行導入に対する世間の見方も変わってきている様子だ。

e-POWERの行方は?

そして何よりも注目を集めていたのは、e-POWER搭載が予想される新型エクストレイルのパワートレインについて。

「e-POWER専売になるか否か、楽しみ」「噂ではe-POWERってことだから走行性能に期待」「燃費に注目している」と、SNS上ではe-POWER搭載を確実視しながら高い期待値をもっているというのが伝わってくる。中には「もはやデザインよりパワートレインの方が気になる」といった声までも。

待望の新型エクストレイルの登場まであと僅か。今後も新しい情報が入り次第速やかにお届けしていく。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]