千葉、熊谷俊人・新知事が初登庁

「県民に応える県政を始める」

©一般社団法人共同通信社

初登庁し花束を手にする千葉県の熊谷俊人知事=5日午前、千葉県庁

 3月21日投開票の千葉県知事選で初当選した熊谷俊人知事(43)が5日、県庁に初登庁し、「630万人の県民に応えられる県政をここから始める」と述べた。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、千葉市長を3期務めた行政手腕が問われる。

 熊谷知事は2009年から務めた千葉市長を3月に辞職し知事選に立候補。全国知事会によると、北海道の鈴木直道知事(40)に次いで、2番目に若い現職知事となる。

 庁舎玄関で花束を受け取った熊谷知事を職員が拍手で出迎えた。執務室で知事の椅子に座ると「県民に信頼していただき、多くの知恵や思いを結集できる知事を目指す」と表情を引き締めた。