GR86とBRZがパワーアップしてフルモデルチェンジ! 発売は今夏の予定

©株式会社MOTA

2021年4月5日(月)、トヨタ 新型GR86が世界初公開されるとともに、兄弟車であるスバル 新型BRZ 日本仕様の全貌も明らかになった。今回の目玉はエンジンの排気量アップとAT車のみではあるが、先進安全装備のアイサイトが装着される点にある。スペックは判明したが、価格は未だ不明。ちなみに発売は今夏以降の予定である。一体どんな仕上がりなのか?

トヨタ 新型GR86&スバル 新型BRZ

現行モデルのネガを払拭! 大幅パワーアップでもっと扱いやすいスポーツカーに

スバル 新型BRZ,トヨタ 新型GR86
スバル 新型BRZ,トヨタ 新型GR86

2012年に初代86とBRZがデビューしてから約9年。今回が初のフルモデルチェンジとなる。なおトヨタ版の86は今度の2代目から車名を「GR86」に改める。

エンジンは2リッター水平対向4気筒エンジンから2.4リッターに大排気量化をはかり、最高出力235馬力/7000rpm、最大トルク250N・m /3700rpmとなった。

先代モデル比で最高出力は28馬力、最大トルクは45N・mパワーアップを実現している。また車体構造も見直された。インナーフレーム構造や構造用接着材の採用などで剛性を大幅に向上しながら、ルーフなどにアルミ素材を採用し軽量化にも配慮。前後重量配分の見直しや低重心化も図られ、ハンドリング性能も進化を遂げた。

>>

エンジンは新開発ではなく、基本的に現行モデルをベースに改良を施したというイメージ。先代同様に過給機を装着しない、自然吸気エンジンだ

現行モデルと同様に、新型GR86そしてBRZにそれぞれ6速MT、6速ATをラインアップする。

ちなみに0-100km/h加速は7.4秒から6.3秒に高まるなど、クルマ好きにとって嬉しい内容ばかりである。

従来型の2リッターエンジンは、特に北米市場においてややパワー不足などと言われていたが、今回のパワーアップにより初代86/BRZのネガを払拭した。

>>

先進安全装備も大幅レベルアップ! トヨタもまさかのアイサイトを採用

最大のトピックはAT車にのみ前車追従式クルーズコントロールが装備されたこと。操作はステアリングスイッチではなく、コラムから伸ばされた古めかしいレバー式

AT車限定ではあるが、新型ではGR86、BRZともにスバルお得意の先進運転支援機能「アイサイト」が標準装備される。これまで赤外線レーダーを使った簡易的な衝突被害軽減ブレーキを採用していたが、アダプティブクルーズコントロールや歩行者までの検知するシステムは今回がシリーズ初となる。

内装デザインはほぼ変わらず!? だが使い勝手は向上

ドリフト走行などFR車ならではの楽しさを体感できるレバー式のパーキングブレーキを採用しているのは嬉しいポイント

新型GR86とBRZのインパネは初代モデルのデザインをより洗練させたイメージだ。現行モデルと同一のパーツはステアリングホイールとシフト、そしてパーキングブレーキレバー程度と、ほとんど全てを一新している。

とくに注目はエンジンスタートボタンの位置にある。現行モデルは後付け感のある位置に設置されていたが、新型はインテリアデザインに綺麗に治ったイメージだ。

>>

未だ価格は発表されていないものの、大幅な価格上昇は避けて欲しいところ。今や貴重なスポーツカー、ビジネス的に難しい部分もあるだけに、価格設定が重要なのだ。

正式発表ではないものの、発売はまず夏頃にBRZが。少し遅れてGR86が発売をする見込み。一体どんな走りになったのか? 今から発売が楽しみだ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ボディサイズ:全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm/ホイールベース:2575mm/車両重量:1270kg/エンジン種類:水平対向4気筒エンジン/総排気量:2387cc/最高出力:235ps(173kW)/7000rpm/最大トルク:25.5kg-m(250Nm)/3700rpm/駆動方式:RWD/トランスミッション:6速MT&6速AT/タイヤサイズ:215/40R18