どこが違う!? 新型GR86 vs 新型BRZを写真でサクッと見比べてみた!

©株式会社MOTA

2021年4月5日(月)に世界初公開されたトヨタの2代目86(GR86)は、初代に続きスバルとの共同開発で誕生した。BRZは2代目でも兄弟車同士の関係だ。それでは新型GR86と新型BRZは、実際どのあたりが異なっているのだろうか。その違いを写真でサクッとチェックしてみた!

トヨタ 新型GR86 プロトタイプ[2代目 トヨタ 86(ハチロク)]/SUBARU 新型BRZ プロトタイプ[2代目 スバル BRZ] [Photo:GAZOO Racing Company/トヨタ自動車/SUBARU]

新型GR86 vs 新型BRZの違いはどこにある!? 外観編

トヨタとGAZOO Racingは2021年4月5日(月)、86の後継車でGRスポーツカーの第3弾となる「GR86」を、2021年秋の正式発表に先駆けてオンラインイベントにて世界初公開した。

また先行して北米で発表済みのスバル 新型BRZについても、今回初めて日本仕様が公開となった。こちらはGR86より先行し、2021年夏の発売を予定する。

新年度初のニューモデルとなる新型GR86と新型BRZは、初代同様にトヨタとスバルの共同開発により誕生した兄弟車だ。果たして2台の違いはどこにあるのだろうか。写真でサクッと見比べてみることにしよう。

ハニカムグリルの右上にGRエンブレムが備わる[トヨタ 新型GR86(2代目)], ヘキサゴングリルがBRZの特徴。エアダクトの形状も異なる[スバル 新型BRZ(2代目)]
ハニカムグリルの右上にGRエンブレムが備わる[トヨタ 新型GR86(2代目)], ヘキサゴングリルがBRZの特徴。エアダクトの形状も異なる[スバル 新型BRZ(2代目)]

先にお断りしておくが、今回の取材車両はあくまでも市販前の“プロトタイプ”で、最終仕様ではない。また今回のGR86と新型BRZの違いが、全モデルで共通の差異かどうかは明らかにされていない。ともあれ、写真でサクッと気軽に見比べてみて欲しい。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

フロントバンパー形状はGR86と新型BRZでそれぞれオリジナルのデザインが与えられたが、ヘッドライトの外形自体は今回同一となった。ただしヘッドライトユニットの中のガーニッシュ形状などがGR86と新型BRZで異なる。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

18インチアルミホイール自体のデザインは同一だが、GR86はマットブラック塗装、新型BRZはマットダークグレーメタリック塗装という違いがある。

ちなみに取材車両のタイヤには、共にミシュランのパイロットスポーツ4(215/40R18)が装着されていた。なおグレードによっては17インチ版の設定もあるようだ。

[トヨタ 新型GR86(2代目)]】, [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)]】, [スバル 新型BRZ(2代目)]

ドアミラーカバーもGR86と新型BRZで異なる。GR86はグロスブラック仕上げ。対する新型BRZはボディカラー同色となっていた。

なおドライバー側のドアミラー部には、後方車両の接近を知らせる点灯表示も備わっていた。

意外なことにリアまわりは極めてあっさりとした違いのみ

トヨタ 新型GR86(2代目)/スバル 新型BRZ(2代目)

今回のGR86と新型BRZ、後ろ姿で異なるのは車名エンブレムとメーカーエンブレムのみ。リアバンパーのみならず、テールランプ形状に至るまで2車で共通だった。

[トヨタ 新型GR86(2代目)]】, [スバル 新型BRZ(2代目)]】
[トヨタ 新型GR86(2代目)]】, [スバル 新型BRZ(2代目)]】

新型GR86 vs 新型BRZ、車内の違いはごくわずか!? インテリア編

続いては、トヨタ 新型GR86とスバル 新型BRZのインテリアの違いを見比べてみよう。

インパネ自体はステアリングのメーカーエンブレム以外の違いはほとんどない。

ただし取材車両はGR86が6速マニュアルトランスミッション仕様、新型BRZはパドルシフト付6速オートマチックトランスミッション仕様で、BRZにのみ運転支援システム「アイサイト」が備わっていた。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

トヨタ GR86には、取材車両のブラック/レッド内装(ステッチ/アクセントカラー:レッド)のほかに、ブラック/シルバー内装仕様があり、そちらはステッチがシルバー、アクセントカラーがガンメタリックの組み合わせとなる。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]】
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]】

対するスバル 新型BRZは、シルバーのシート地にレッドのステッチ、レッドのアクセントカラーという組み合わせになっていた。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

7インチの液晶メーターが採用された新型GR86とBRZ。オープニング画面のアニメーションはそれぞれオリジナルのものとなる。

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

ドアトリムはレザー調の素材を用いた上質なもの。細かいところだが、ドアミラーやパワーウィンドウスイッチ部も、GR86がブラックなのに対し、新型BRZはシルバー塗装とメッキ加飾という違いがある。またインナードアハンドルもGR86はブラック、BRZはメッキだ。

そして最大の違いは「乗り味」にあるらしい!

[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]
[トヨタ 新型GR86(2代目)], [スバル 新型BRZ(2代目)]

ここまで、写真で見比べてわかる違いばかりをお伝えしてきたが、実はもっと大きな差がある。それは「乗り味」だ。

シャシーのセットアップやエンジン・パワーステアリング制御などについて、トヨタとスバルがそれぞれ独自の最終チューニングを施しているという。

こればかりはいくら写真を見てもダメで、実際に乗ってみないと確認のしようもない部分である。GR86は2021年秋頃、新型BRZは2021年夏頃の発売予定。比較試乗が今から楽しみである。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部/撮影:茂呂 幸正・GAZOO Racing Company/トヨタ自動車/SUBARU]