日本、北朝鮮への制裁を2年延長

輸出入全面禁止を継続

© 一般社団法人共同通信社

閣議に臨む(左から)茂木外相、菅首相、麻生財務相=6日午前、首相官邸

 政府は6日午前の閣議で、13日に期限を迎える北朝鮮への独自制裁を2年間延長すると決定した。北朝鮮を相手とする輸出入の全面禁止と、北朝鮮籍や北朝鮮に寄港歴がある船舶の入港を認めない措置を継続する。北朝鮮の非核化や弾道ミサイルの廃棄が具体化せず、日本人拉致問題も解決していない現状を踏まえ、圧力を維持する。

 菅義偉首相は拉致問題解決のため、条件を付けずに金正恩朝鮮労働党総書記との直接会談を目指すと表明しているが、実現は見通せていない。

 政府は、北朝鮮からの輸入と関係船舶の入港禁止措置を2006年から実施。輸出禁止を09年に加え、措置の延長を繰り返してきた。