松岡茉優主演「勝手にふるえてろ」、北海道・江別 蔦屋書店で特別上映!

©株式会社東京ニュース通信社

松岡茉優が映画初主演したコメディー「勝手にふるえてろ」を上映するイベント「ブックストアシネマ -映画と原作- vol.3」が4月23・24日の両日、北海道・江別 蔦屋書店(「暮らしの棟」コミュニティパーク)で開催される。原作のある映画を、本に囲まれたすてきな空間で楽しむシリーズ企画の第3弾。各日、上映は午後8:00開演、定員36人。料金は1800円(1ドリンク付き)で、来場者にはオリジナルZINEをプレゼントする。会場となる「暮らしの棟」では、関連書籍などを展開するフェアを開催中だ(4月3~24日)。

原作映画は数多あれど、面白いもの、つまらないもの、まさに玉石混交。「映画と原作」は、札幌の自主上映グループ・キノマドが厳選した優れた原作映画を上映し、映画と原作で2度おいしい映画体験を届けるイベントだ。

上映作品「勝手にふるえてろ」は、芥川賞作家・綿矢りさ氏による同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公の会社員が二つの恋に悩み、暴走する様子を大九明子監督がユーモアと切なさたっぷりで描く。のんと橋本愛コンビ共演で話題となった、同じく原作・綿矢氏&大九監督の「私をくいとめて」(2020年)につながるこじらせコメディーの傑作だ。チケットの購入方法など詳細はPass Market(https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/014hgq7j8pi11.html)をチェック。