上海コーヒー文化ウイーク、AI搭載の「コーヒーロボット」が登場

©新華社

上海コーヒー文化ウイーク、AI搭載の「コーヒーロボット」が登場

 3月29日、ラテアートを披露するロボット。(上海=新華社記者/王翔)

 【新華社上海4月6日】中国上海市で11日まで開催中の上海コーヒー文化ウイークで、さまざまな「コーヒーロボット」が技を競っている。これらのロボットは見た目がかわいらしいだけでなく、一流のバリスタに匹敵するほどの見事な技を持ち、かつ24時間休むことなく効率的にコーヒーを入れることが可能。

上海コーヒー文化ウイーク、AI搭載の「コーヒーロボット」が登場

 1日、2本のアームでコーヒーを入れるロボット。(上海=新華社記者/王翔)

 コーヒーロボットは、人工知能(AI)、インターネット、IoT(モノのインターネット)、自動化、フードテック(食品技術)という5分野の技術が結びつき、中国のデジタル経済の流れの中で急速に発展してきた。すでに多くの海外バイヤーが中国からロボットを購入し、自国の消費者にコーヒーを提供している。(記者/黄安琪)

上海コーヒー文化ウイーク、AI搭載の「コーヒーロボット」が登場

 1日、ロボットカフェの前で列を作り、コーヒーの完成を待つ来場者。(上海=新華社記者/王翔)