天皇陛下が種もみまき

皇居、農作業の伝承行事

© 一般社団法人共同通信社

苗代に種もみをまかれる天皇陛下=6日午前、皇居(宮内庁提供)

 天皇陛下は6日、皇居内の生物学研究所脇にある苗代に、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチの種もみをまかれた。農作業の伝承を目的とした恒例行事で、例年5月に田植え、秋には稲刈りをする。

 白っぽいジャンパーに紺色のズボン姿の陛下は、苗代の前にしゃがみ、左手に持った小さなかごから種もみを取り、丁寧な手つきで均等にまいていた。

 皇居での稲作は、農業奨励のために昭和天皇が始め、上皇さまの代から種もみまきも行うようになった。秋に収穫したコメは、皇室の神事にも使われる。