大阪観光局の溝畑理事長が感染

大人数での会食なし

© 一般社団法人共同通信社

 大阪観光局は6日、溝畑宏理事長(60)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路や濃厚接触者の有無は不明。大人数での会食はしていないという。7日は大阪市中央区の事務所を消毒のため閉鎖する。

 局によると、2日の退勤後に発熱し自宅で療養。5日にPCR検査を受け、6日に陽性が確認された。溝畑氏は「観光回復に向けたリーダーの立場として大変申し訳ない。治療に努め、元気な姿で戻って参ります」とのコメントを出した。