【ミャンマー】20年度成長率、マイナス20%=フィッチ[経済]

©株式会社NNA

欧米系格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社フィッチ・ソリューションズは5日、ミャンマーの2020年度(20年10月~21年9月)の経済成長率予測をマイナス20%に下方修正した。ロイター通信が伝えた。

2月1日の国軍によるクーデター前は、プラス2%の成長を予測していたが、大幅に下方修正した。国内経済が機能不全に陥っていることに加え、軍と少数民族武装勢力との紛争の激化が予測されるなど、情勢の不安定化を踏まえた判断。

世界銀行も3月26日、ミャンマーの20年度の成長率を、昨年12月に公表したプラス2%からマイナス10%に下方修正している。