女子100自由形、池江準決勝へ

瀬戸、萩野らも突破

© 一般社団法人共同通信社

女子100メートル自由形予選 力泳する池江璃花子=東京アクアティクスセンター

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第5日は7日、東京アクアティクスセンターで予選が行われ、白血病から復帰して女子400メートルメドレーリレー代表に決まった池江璃花子は100メートル自由形で、復帰後の自己ベストを1秒05更新する54秒30でトップとなり、午後の準決勝に進んだ。

 男子200メートル個人メドレーで既にこの種目の代表に決まっている瀬戸大也は1分59秒14で全体1位、萩野公介は2位で突破した。男子200メートル背泳ぎの入江陵介はトップ通過。萩野はこの種目を棄権した。女子200メートル平泳ぎの渡部香生子は2位で準決勝に進出した。