【速報・兵庫県知事選】自民県連、投票で推薦候補決定へ 午後3時から選対委で

© 株式会社神戸新聞社

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県知事選(7月1日告示、同18日投開票)で、自民党県連は7日午後3時から、選挙対策委員会(19人で構成)を開き、投票を行って県連として推薦する候補者を決める。行方は混沌としており、投票結果が注目される。

 知事選を巡っては、今期限りで退任する井戸敏三知事(75)の事実上の後継として前副知事の金沢和夫氏(64)が立候補を表明。金沢氏を支援する県議会最大会派・自民党の決定に反発し、県議11人が会派を離れて前大阪府財政課長の斎藤元彦氏(43)を擁立した。金沢氏と斎藤氏とも県連に推薦を申請していた。