「ぶつからないクルマ?」アイサイトが新型GR86・BRZにも初搭載! ただしAT車専用だった

©株式会社MOTA

トヨタ・スバルのFRスポーツカー「86」(GR86)「BRZ」が2021年、初のフルモデルチェンジを実施する。正式な発売は2021年夏以降だが、2021年4月5日(月)、車両の概要が発表された。そこで明らかになったのが、86・BRZ初の“ADAS”(Advanced Driver Assistance System:先進運転支援システム)採用である。ADASを一気に普及させるきっかけとなった、スバル独自の「アイサイト」(アイサイト Ver3)が86・BRZ共にAT車へ搭載されるのだ。ただしいまのところ、システムが対応していないMT車には用意がないという。

トヨタ 新型GR86 プロトタイプ[2代目 トヨタ 86(ハチロク)]/SUBARU 新型BRZ プロトタイプ[2代目 スバル BRZ] [Photo:GAZOO Racing Company/トヨタ自動車/SUBARU]

新型GR86・BRZで注目しておきたい新アイテム「アイサイト」

2012年にデビューしたトヨタ 86とスバル BRZが、9年ぶりにフルモデルチェンジを実施する。2社共同による開発は、2代目となる新型でも同様。スバル版が2021年夏、ネーミングを「GR86」に変更したトヨタ版が2021年秋にそれぞれ発売される予定となっている。

(左)トヨタ 新型GR86/(右)スバル 新型BRZ

低重心の水平対向4気筒 2リッターエンジンは、新型で2.4リッターに拡大。車体剛性の強化とともに走行性能を向上させた。空力に配慮し、流麗さも増した新しいスタイリングも新鮮な印象を与える。

しかし新型GR86・BRZでは、もうひとつ大きなニュースがある。それは「アイサイト」の初採用だ。

「アイサイト」は先進運転支援システム“ADAS”を広く普及させた立役者だ

初代86・BRZにはADASの採用がなかった

初代 トヨタ 86(2012年~2021年)

初代86・BRZのカタログを見ると、事故を未然に防いだり、被害を軽減させる“予防安全”の項目に「VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)」「EBD(電子制動力配分制御)付ABS」「ヒルスタートアシストコントロール(坂道発進支援)」「緊急ブレーキシグナル(急ブレーキ時にランプを急点滅させる機能)」の記載がある。

ただ、近年多くのクルマで採用が進む“ADAS”(Advanced Driver Assistance System)と呼ばれる先進運転支援システムについては一切載っていない。

VSC(横滑り制御機能)やABS(アンチロックブレーキシステム)も従来からある運転支援システムのひとつだが、ADASはそれをさらにカメラやセンサー類を用いて高度に支援する。衝突被害軽減ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)がその代表格である。

そしてBRZを開発したスバルは、日本においてADASを急速に普及させた立役者でもある。

「ぶつからないクルマ?」として大ヒットしたEyeSight(アイサイト)

アイサイト ステレオカメラの動作イメージ

スバルではおよそ30年以上前からADASの研究を開発を開始し、市販モデルへの採用を行ってきた。

2010年には、完全自動停止するプリクラッシュブレーキを、当時としては圧倒的な低価格(10万円)でオプション設定。「ぶつからないクルマ?」という大胆なプロモーションと相まって、一気に普及させた。

それが、スバルの「EyeSight(アイサイト)」だ。

2010年当時大いに話題を呼んだ「アイサイト」

アイサイトはインプレッサやレガシィ、レヴォーグなどスバルの各モデルに搭載。販売台数向上に寄与するほどの話題となった。

アイサイトのヒットが転機となり、その後各社のADAS普及が急激に進むなど、国内外各メーカーに対しても大きな影響力を及ぼしたほどなのだ。

残念! 新型GR86・BRZに搭載される「アイサイト」はMT車向けのシステムがなく、AT車のみだった!

2つのデジタルカメラ技術をベースにしたアイサイトのシステム

フロント部に設置される左右のステレオカメラ(スバル 新型BRZ)

スバル独自の技術、アイサイト。そのコア技術となるのがステレオカメラ(2つのデジタルカメラ)だ。

人間の左右の目のように、2つのカラー映像を組み合わせることで立体や遠近、白線や道路形状等を認識させる。他社で用いていたミリ波レーダーなどのセンサー類に対し、安価なシステム構成だったのも普及につながった。

新型GR86・BRZにも、このステレオカメラシステムを中心にアイサイトを機能させる。スバルの登録商標だが、トヨタ版のGR86でもアイサイトの名で搭載となる。

「アイサイト」はVer3(バージョン3)がベース

インプレッサなどに搭載されるアイサイト Ver3(バージョン3)をベースに、プリクラッシュブレーキのほか、ACC(全車速追従クルーズコントロール)、車線逸脱警報、先行車発進お知らせ、後退時ブレーキアシスト、後側方警戒支援システムなどが採用される。

スバル 新型BRZ(6速ATモデル)のインテリア

ただし高速道路の白線を認識し、車線中央の走行を維持させる「アクティブレーンキープ」は、ステアリングを制御する機能を載せていないため省略されている点は、他のスバル車とは異なる点だ。

物理的には搭載も可能なようだが、路面とコンタクトをとる重要なステアリング上に重量が増加し、制御にも幾分かの負荷がかかる。

純粋に運転を楽しむための性能を追求した新型GR86・BRZにとってそれは、現段階では不要だと判断された。

したがって、アイサイト Ver3の進化版である「アイサイトツーリングアシスト」に備わる先行車追従操舵アシスト機能も備わらない。

ただしアイサイト搭載はATモデルのみ! その理由とは

残念ながらMTモデルにはアイサイトの採用がない(写真はMTモデルのトヨタ GR86)

ただしここまで紹介してきたアイサイトの機能は、新型GR86・BRZの中でも6速AT(オートマチックトランスミッション)車のみに採用される。残念ながらMT(マニュアルトランスミッション)車には搭載されない。

スバルによると、新型GR86・BRZのMT車にアイサイトが採用されていないのは、システム自体がAT向けに開発されているためだという。

しかし、MT車であってもプリクラッシュブレーキなどは等しく欲しい安全機能だ。2021年中にはプリクラッシュブレーキの義務化も予定されている。現時点では詳細も明らかにされていないが、追ってMT車向けのアイサイトも開発されるものと思われる。引き続き、新型GR86・BRZ MTモデルへのアイサイト早期採用を強く望みたい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]