国内ワクチン接種100万人超す

人口の1%未満にとどまる

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受ける医療従事者

 国内で7日、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が100万人を超えた。現在は医療従事者らに限られており、接種を受けた人は人口の1%未満にとどまる。政府は12日から65歳以上の高齢者に対象を広げ、6月末までに自治体に3600万人分の配布ができるとの見通しを示している。

 国内では、2月17日に医療従事者に対する米ファイザー製ワクチンの先行接種が始まった。ワクチンは2回接種。厚生労働省の4月7日時点の集計で、全国約3千施設で計約139万3千回が接種され、少なくとも約103万6千人が1回目を終え、うち約35万7千人が2回目を完了した。