英、30歳未満への使用中断

アストラ製、血栓症で勧告

© 一般社団法人共同通信社

 【ロンドン、ブリュッセル、ジュネーブ共同】英医薬品規制当局は7日、記者会見し、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン接種後に79人が血栓などの症状を発症し、19人が死亡したと発表した。これを受け、政府の諮問委員会は国内の30歳未満に限り、同社製ワクチン使用を原則見送り、米ファイザー製かモデルナ製を投与するよう勧告した。

 当局は血栓ができるのは「極めてまれ」だとし接種による「利点が副反応のリスクを上回る」と強調。国内の新型コロナ感染状況が落ち着きつつある中、健康体な若者の場合は、接種による利点がその他の年齢層と比べ相対的に小さいと結論付けた。