いきなりの右肩故障で前途は多難… NPB復帰目指す元阪神・伊藤隼太の今

©株式会社Creative2

愛媛マンダリンパイレーツの伊藤隼太【写真:喜岡桜】

「圧倒的な数字を出して分かりやすくアピールする」と決意を口にしていたが…

阪神を戦力外となり、今季から四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツでプレーする伊藤隼太コーチ兼任外野手。3月24日の練習試合では今年初の本塁打を放ち、2011年に阪神ドラフト1位を勝ち取った長打力健在を披露した。しかし、スタメン出場を果たした3月27日のリーグ開幕戦で右肩を負傷。前途多難なNPB復帰への挑戦にファンの注目が集まっている。

若い選手全員がNPB入りを目指し奮闘する“独立リーグ”に身を置き、彼らの貪欲なハングリー精神に伊藤自身も奮い立たせられていた。入団会見では昨年、香川オリーブガイナーズからNPBへ早期復帰を遂げた歳内宏明投手(ヤクルト)を例に挙げ「圧倒的な数字を出して分かりやすくアピールする」と決意を表明していた。

歳内は2020年6月の開幕戦(コロナ感染拡大に伴い開幕を3か月順延)で、前年王者の徳島インディゴソックスを相手に被安打3、11奪三振で完封勝利。8月末までに9試合に登板し、64イニングで、3完封を含む5勝0敗、防御率0.42、76奪三振とまさに『圧倒的な数字』を記録した。

伊藤は開幕戦に「3番レフト」でフル出場。香川の開幕投手・近藤壱来の好投で、伊藤は1安打にとどまったが、積極的にバットを振り存在感をアピールした。独立リーグは開幕時点では、相手投手の映像資料などの情報が少ないことが多く、実際の対戦を通して相手の特徴を掴む必要がある。伊藤も「(対戦相手の情報を)メモしながら覚えていきながら。難しいけど『野球やっているな』と感じる」と振り返っていた。

開幕戦で牽制で一塁へ帰塁する際に右肩を故障【写真:喜岡桜】

開幕戦で右肩関節脱臼および関節唇損傷を負った

しかし、試合後の伊藤の右肩には大きなアイシングが施されていた。翌日、自身のSNSで右肩関節脱臼および関節唇損傷で当面の間欠場することを報告した。開幕戦の9回、牽制で一塁へ帰塁する際に痛めた。前途多難なスタートダッシュに精神的に落ち込んだが、すでに気持ちを切り替えて前向きに治療に取り組んでいる。

同箇所は3度目の故障で、骨に欠損や変形がみられるとのこと。完治を目指すには手術しか方法がなく、そうすれば、試合に出るまでに1年を要する。今年32歳の伊藤は、手術ではなく保存療法とリハビリによる早期復帰の道を選んだ。

「みんな復帰待ってます」

「どんな時でも応援してます」

「負けたらあかんぞー!」

故障を報告した伊藤のインスタグラムには100件を超える応援メッセージが寄せられていた。現在は右肩を固定し安静にしつつ、毎日チームの練習や試合に帯同してコーチ業に専念している。技術指導だけでなく阪神タイガースに在籍した9年間を通して学んだ意識や基礎を選手たちへ伝えていく。

現在は右肩を固定し安静にしつつコーチ業に専念している

「教えられることはすべて教えて。それで自分を超える選手に育つのであればチームにとって良いこと。その選手に負けないよう自分も頑張る」という伊藤。打撃指導を受けた高卒1年目の漆原幻汰外野手は「苦手だった速球派投手に対するタイミングの取り方を教えてもらった。NPBでの経験をもとに指導してくださり有難い」と話す。その一方で、同じ外野手として「(伊藤は)NPBを目指す上で勝たないといけない相手。追い抜かないといけない」とも言う。伊藤の存在がチームメイトにとって、良い手本であり良い刺激となっている。

4月1日には伊藤が「尊敬している」と語る元阪神の西岡剛外野手がBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスと契約更新をしたことが発表された。四国アイランドリーグplusとBCリーグのそれぞれの優勝チームが独立リーグ日本一の座をかけて争う『グランドチャンピオンシップ』で西岡と対戦できる可能性もある。

「やるからには勝ちたい」

実戦復帰の時期はまだ未定だが、チームのリーグ優勝と日本一を狙っている。そのためにも伊藤の早期回復と攻撃の要としての活躍が期待される。(喜岡桜 / Sakura Kioka)