自動運転向け新型レーザー開発

デンソー、拡販も視野

© 一般社団法人共同通信社

デンソーが開発した、自動運転に対応した高性能レーザー照射装置(同社提供)

 デンソーは9日、路上の障害物を詳細に検知できる高性能レーザーなど自動運転に対応した新商品を開発したと発表した。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のセダン「LS」や燃料電池車「ミライ」の新型車に採用されており、トヨタグループ以外への拡販も視野に入れる。

 車両前方に取り付ける新型レーザーは、広範囲に照射が可能。200メートル以上先にある車の位置や速度、障害物の有無を検知する性能は世界最高水準という。

 ほかにも、衛星利用測位システム(GPS)や地図データを使って自車の位置を車線レベルで把握できる電子部品などを開発した。