元モー娘・田中れいな 舞台降板真相 客入れ人数めぐり意見相違か

©株式会社東京スポーツ新聞社

やむなく降板した田中れいな

元「モーニング娘。」の田中れいな(31)がヒロイン役を務める予定だった舞台「剣が君―残桜の舞―再演」(6月2日~6日)を降板することが9日、舞台の公式サイトで発表となった。降板理由については「諸事情により、やむを得ず降板することになりました」としている。

田中も公式SNSで「公演間近となったこの時期にこのような結果となってしまったことが非常に残念でなりませんが新しいキャストのみなさんで演じる剣が君公演が無事に千秋楽まで成功することを願っています」とコメントを発表した。

田中の代役には、「ハロー!プロジェクト」のグループ「こぶしファクトリー」(昨年解散)の元メンバーで、他事務所に移籍した浜浦彩乃(20)が務める。

いったいなぜ降板することになったのか? 田中の所属事務所は「公演を健全かつ円滑に進めるにあたって、舞台制作側との考え方の相違が生じた」としている。芸能関係者は「ズバリ、新型コロナ対策の部分でしょうね」と具体的に説明。

同舞台も当然、コロナ対策を取る予定だが、田中やハロプロメンバーが所属している事務所は業界の中でも特に厳しい対策をしていることで有名だ。

「タレントに接するマネジャーやスタッフは公演直前には、PCR検査が会社の方針で義務付けられている。社内会議でも、たとえ出席者全員が会社にいたとしても、ズームでお互いに隔離された状況で密にならないようにしている。公演もキャパの2分の1を厳守。そのかいあって、現役ハロプロメンバーからコロナ感染者はまだ出ていない」(前同)

今回の降板劇も観客数の部分に関して相違があったものとみられている。「最初から事務所と制作側が綿密に話し合っていれば避けられた降板。田中はあおりを食った形」(前同)。まだまだコロナは芸能界に大きな影響を与えている。