栃木から世界へ ミスコンテスト合同選考会

©株式会社とちぎテレビ

世界的なミスコンテストの栃木県代表を選出する「ベスト・オブ・ミス栃木大会」が8日、都宮市内で開かれました。

この大会は知性や社会性などを兼ね備えた女性を選ぶ「ミス・ユニバース・ジャパン」、平和のメッセージを発信する「ミス・グランド・ジャパン」、次世代のオピニオンリーダーを選ぶ「ミス・ユニバーシティ」の3つのミスコンテストの県代表を選ぶ合同大会として開かれているものです。

書類審査を通過し、県内各地から集まった9人のファイナリストたちが、ダンス、水着、ドレスの3つの審査で競いました。

今回の大会では小山市の橋本樹さんがミス・ユニバースの栃木代表に選ばれました。

ミス・グランドでは栃木市の矢口絵理さんが、ミス・ユニバーシティでは栃木市の中田真由さんが、それぞれ栃木大会グランプリに選ばれました。

グランプリに選ばれた3人は、夏以降に開催されるそれぞれの日本大会に栃木代表として出場するということです。

この記事はいかがでしたか?