少量の尿で脳腫瘍を99%診断

名古屋大、早期発見に期待

© 一般社団法人共同通信社

 早期発見が難しい脳腫瘍を、1ミリリットルの尿から99%の精度で診断できる方法を開発したと、名古屋大や三重大などのチームが米化学会誌に発表した。腫瘍から分泌され尿に含まれる微小物質「マイクロRNA」を効率よく集め、分析する。

 チームは2021年度中に臨床試験をして、実用性を検証する。名古屋大の夏目敦至准教授によると、脳腫瘍は、見つかった時には既に進行して手術が難しくなっている場合も多い。夏目准教授は「早期発見できれば、生存率向上につながる。将来的には日々の健康診断での活用を目指したい」と話した。