那須川天心、来年3月キック引退し、ボクシング転向宣言!「ボクシングでも革命起こす」

©株式会社ヨシクラデザイン

『炎の体育会TV SP』にて、ゲスト出演した那須川天心(C)TBS

 4月10日(土)19時より、TBSで放送された『炎の体育会TV SP』にて、ゲスト出演したRISE世界フェザー級王者・那須川天心(22=TARGET/Cygames)が、今後についての重大発表を行った。

 那須川は弟の龍心とともに、ゲストとして同番組に出演。超難関企画「トッピングチャレンジ」に挑戦し、見事クリアしてご褒美を堪能した。

(C)TBS

 そして、番組後半で“重大発表”として、今年4月上旬に『体育会TV』が独占インタビューした映像が流れ、その中で那須川は「ずっとやってきたキックボクシングを、私、那須川天心は引退します」と発表した。そして「辞めて、ボクシングに転向させていただきます。蹴りを捨てて拳だけの道に専念します」と宣言した。

 来年3月に開催予定である自身のホームリング『RISE』で、キックボクシングを引退し、ボクシングへ転向するという。那須川は以前からボクシング転向を発言してきたが、具体的なスケジュールを発表するのは初となる。

今年の2月には、志朗との2度目の対決に完勝している那須川(左)

 さらに「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては一番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする」と語っている。

 残り最大4試合と数少ない那須川の対戦相手は、果たして誰になるのか。那須川のキックボクシング引退ロードがこれから始まる。

おなじみの”トリケラトプス拳”を披露する那須川

<選手データ>
■那須川天心(22=TARGET/Cygames)
・構え サウスポー
・戦績 44戦44勝(32KO)
※キック 39戦39勝(28KO)、MMA 4戦4勝(3KO)、MIX(1Rはキックボクシングルール、2RはMMAルール) 1戦1勝(1KO)
・主な獲得タイトル
RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者
初代RISE世界フェザー級王者
第6代RISEバンタム級王者
BLADE FC JAPAN CUP 55kg 2015 トーナメント優勝
RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝
ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王者
ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級王者