PSG、CLバイエルン戦ピンチ…マルキーニョスに続き、守護神ナバスも欠場?

©株式会社コリー

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、バイエルン・ミュンヘンとの1stレグに2-3で勝利したPSG。

だが、その試合ではマルキーニョスが負傷交代になってしまった。

『lequipe』によれば、マルキーニョスは内転筋にグレード2の負傷をおっており、一般的には最低でも3週間ほどはプレーできないという。バイエルンとの2ndレグに出場するのは絶望的のようだ。

また、10日に行われたリーグアン第32節ストラスブール戦では守護神ケイロル・ナバスが前半のみで交代になった。

『Canal +』によると、ナバスはわずかな筋肉の痛みがあったために、予防的に交代になったという。バイエルン戦に出場できるかはまだ不明とのこと。

【動画】守護神ナバスでも無理!バイエルンMFキミッヒの鬼曲がりクロス

なお、試合は1-4でPSGが勝利している。