狂犬病予防注射は、飼い主の義務です!

©株式会社VOTE FOR

犬を飼っている飼い主は、必ず登録を行い、飼い犬(生後91日以上)には年に1度狂犬病予防注射を受けさせてください。

◇集合予防注射の日程
※午前・午後とも、受付開始直後は混雑が予想されます。

◇料金
予防注射:3,400円(注射済票交付のみの方は550円)
新規登録:3,000円(鑑札票再交付の方は1,600円)
※おつりのないようにご協力をお願いします。

◇注意事項
・当日は、予防注射の案内ハガキを持参してください。飼い犬の登録をしていない方には案内ハガキが届きません。ご来場のうえ登録の手続きをしてください。
・登録時に交付した鑑札と、前回の注射済票を持参してください。紛失した場合は、会場で再交付の手続きをしてください。
・リード・首輪を、抜けないように必ず着けてください。
ハーネスはダメです。
・犬をしっかりと制御できる人が連れてきてください。他の犬に対して攻撃的な犬は、必ず口輪を着けてきてください。
・糞尿を済ませてきてください。糞をした場合は飼い主の責任で処理し持ち帰ってください。
・1か月以内に他のワクチン接種を受けた、体調に不安がある、妊娠している場合は主治医の獣医師に相談してください。
・予防接種後数日は安静にし、交配、シャンプーは避けてください。
・3月2日以降に動物病院で予防注射を受けた場合は、注射済票交付のみとなります。病院で交付された証明書を持参してください。

■動物病院でも予防注射を受けることができます!
下記の動物病院で予防接種を受ける際、注射済票の交付及び登録等の手続きも同時に行うことができます!

※診察料や受付時間等は各動物病院へお問い合わせください。

この記事はいかがでしたか?