ラウール、「全シーンが名シーン!」『ハニレモ』スペシャルムービー公開

©株式会社マイナビ

アイドルグループ・Snow Manのラウールが主演を務める、映画『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)のスペシャルメイキングムービーが13日に公開された。

同作は村田真優による集英社「りぼん」連載作品で、累計発行部数400万部突破の大ヒット作の実写化。中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)は、その高校を選んだ理由であるレモン色の髪をした三浦界(ラウール)に出会う。2人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があった。

今回解禁となる映像では、ラウール、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美が、本作の見どころを語るインタビューに加え、彼らが真剣に芝居に挑む様子はもちろん、撮影合間に和気藹々とスマホで自撮りをする姿など、本編さながらの仲睦まじい様子が垣間見えるメイキング映像も収録。Snow Manが担当する主題歌「HELLO HELLO」のさわやかでポップな楽曲が映画の世界にマッチしている。

ラウールは「原作を好きになったしハマりました。最初から最後まで全シーンが名シーン!」と、自身も原作にハマったことを明かし、ヒロイン羽花を演じた吉川も「ウキウキするシーンが多くて!」と熱量たっぷり。そのほかのキャストからも「本当にキュンとした! 今まで感じたことのないドキドキ感」(坂東)、「青春を感じながら撮影した!」(濱田)など、青春ラブストーリーならではの、さわやかなコメントが到着した。さらに「友達や好きな人と居ることって、こんなに楽しい!」(岡本)、「誰かの一歩に繋がるような作品になっていると思う」(堀田)など、恋愛だけでなく、友情の大切さや一歩踏み出す勇気をくれる、青春ムービーとしての魅力も語った。

原作者の村田真優も「ハニレモを映画化していただけることになりました。嬉しいです!! 撮影を見て来たのですが界・羽花たちがそのままそこにいて本当に本当に感動しました」と絶賛。このスペシャルムービーは、16日より松竹系劇場の幕間にて上映される。

(c)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社