藤井流星、生徒会長の玉座に…『賭ケグルイ』シリーズ最凶ヴィランが誕生

© 株式会社マイナビ

女優の浜辺美波が主演を務める『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(4月29日公開)の場面写真が11日、公開された。

同作は河本ほむら・尚村透による人気同名コミックの実写化作。ドラマのSeason1、Season2、映画第1弾のヒットを経て、劇場版第2弾となる。ギャンブルの強さが自身の階級を決める私立百花王学園を舞台に、謎多きJKギャンブラー・蛇喰夢子(浜辺美波)を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる。

今回公開されたのは、藤井流星が演じる視鬼神真玄の場面写真。視鬼神はかつて学園を滅ぼした最凶のギャンブラーで、前作『映画 賭ケグルイ』でギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”に勝利した夢子の前に現れる。

場合写真は、視鬼神がこれまでの『賭ケグルイ』シリーズでは桃喰綺羅莉(池田エライザ)が絶対的権力として座していた生徒会長の玉座に座る様子を捉えている。視鬼神真玄というキャラクターは映画オリジナルのためヒントがなく、藤井自身、当初は不安もあったと明かすが、衣装合わせの段階から、藤井と英監督との間で積極的にアイディアの交換が行われ、英監督の脳内でイメージされた視鬼神の独特な声の出し方や奇妙な動きが、藤井のパフォーマーとしての高い表現力によって実体化する形となった。その結果、視鬼神真玄は藤井と英監督が共に作り上げたシリーズ最凶のヴィランとして誕生した。