【MLB】ダルビッシュ、移籍後初勝利の権利を持って降板 今季最長7回1失点で2戦連続QS達成

©株式会社Creative2

パイレーツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

敵地パイレーツ戦で7回6奪三振1四球3安打1失点、最速155キロ

■パイレーツ ー パドレス(日本時間13日・ピッツバーグ)

パドレスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、敵地のパイレーツ戦で今季3度目の先発登板。今季最長の7回を投げ、6奪三振1四球3安打1失点と好投した。8回の打席で代打を送られ、移籍後初勝利の権利を持って降板した。最速は96.2マイル(約154.8キロ)、防御率3.06。

初回は内野ゴロ3つ、10球で3者凡退に抑えた。2回は2死からスターリングズの二塁打を許したものの、続くファウラーを空振り三振に仕留めた。1点リードの3回は2死からフレイジャーの左前打と暴投でピンチを招き、エバンズの左翼線適時二塁打で同点に追いつかれた。4回から2イニング連続で3者凡退に抑えた。

3点リードした6回は2死からレイノルズに四球を与えたものの、続くモランを左飛に打ち取った。7回は3人で片付けた。2試合連続のクオリティスタートを達成した。95球を投げてストライク63球と制球が安定した。

ダルビッシュは1日のダイヤモンドバックスとの開幕戦で5回途中8安打4失点。前回6日のジャイアンツ戦で6回3安打1失点だった。勝てば今季初勝利となる。(Full-Count編集部)