高断熱の保育園建設 エネルギー収支ゼロに YKK パッシブタウン第4期街区の概要発表

©株式会社北日本新聞社

第4期街区に建設する保育園の完成予想図

 YKKグループは14日、黒部市で進めている省エネ街区開発事業「パッシブタウン」の第4期街区の概要を発表した。グループ事業所内保育施設「たんぽぽ保育園」を移転建築し、2022年3月に開所する予定。建物で消費するエネルギーの収支をゼロにする「ZEB(ゼブ)」の達成を見込む。 (浜松聖樹)

 たんぽぽ保育園は出産した社員の早期職場復帰や働き方に応えるため、16年4月に第1期街区の商業棟に開所した。交通量の多い道路に面しており、送迎時の安全確保や入所希望者の増加などが課題となっていた。

 第4期街区は第1期街区の西隣に位置し、新築する保育園は木造平屋建て469平方メートル。黒部の自然エネルギーを最大限生かし、省エネを図る「パッシブデザイン」をコンセプトの一つとする。

 第1~3期街区の研究成果を活用し、通風や日射などを考慮して設計。建物を高断熱にすることで消費エネルギーを抑制し、太陽光パネルを設けて発電し脱炭素に貢献する。地元の新川地域の木材を使う。

 保育対象はグループ従業員が養育する0~2歳児。定員は現行の15人の2倍となる30人とする。総事業費は約3億5千万円。

 同日に起工式を行い、YKK不動産の吉田忠裕会長や設計者らがオンラインで記者会見した。吉田会長は「理論値を挙げるだけで終わらずに、実際に使って確認して初めて意味がある。喜ばしい結果に期待したい」と話した。今後は海外の建築家に設計を依頼する可能性を示唆した。

保育園内部のイメージ