大阪で過去最多1208人感染

重症38人、確保病床上回る

© 一般社団法人共同通信社

大阪・ミナミの戎橋を歩くマスク姿の女性=13日、大阪市

 大阪府は15日、過去最多の1208人が新型コロナウイルスに感染し、感染者4人が死亡したと発表した。感染発表は3日連続で千人を超えた。新たな重症者は過去最多の38人で、基礎疾患のない20代男性も含まれる。入院中の重症者は261人で府が確保した重症病床241床を超えており、35人が軽症・中等症の受け入れ病院などで治療を受けている。

 軽症・中等症病床1781床の使用率は67.1%まで上昇。自宅療養中は約6300人、入院や療養の調整中が約2300人に上った。

 30代以下が主流だった3月以降の感染「第4波」だが、ここへ来て40代以上の割合が徐々に上昇している。