【注目リリース】DOD(ディーオーディー)よりソフトクーラーバッグ『ソフトくらお(23)』が登場。極厚断熱材が頼もしい!

© ハピキャン

DOD(ディーオーディー)が展開している10L容量の「ソフトくらこ(10)」、46L容量の「ソフトくらぞう(46)」といったソフトクーラーバッグシリーズをご存知でしょうか。今回紹介するのは、同ソフトクーラーバッグシリーズの兄弟分。1泊のファミリーキャンプや少人数でのBBQで使いやすい設計のソフトクーラーバッグ【ソフトくらお(23)】です。

極厚断熱材でしっかり保冷できるDOD『ソフトくらお(23)』

「ソフトくらお(23)」の「(23)」はバッグの容量23Lを表しており、まるで年齢のような商品名。他に「ソフトくらこ(10)」、「ソフトくらぞう(46)」があり、言ってみれば3人兄妹の次男坊といったところでしょうか。

一般的なソフトクーラーバッグと比べ、極厚の発泡ポリエチレンフォームを断熱材に使用した矛のソフトクーラーバッグシリーズ。保冷はもちろん緩衝材としての機能も有します。ウェブ上で伝えにくいこのぶ厚い断熱材の質感をひとことで表すならば「ブリッブリ」。その高い保冷力はソフトクーラーだからといって侮ることができません。

1. 買い物かごサイズの収納力

スーパーの買い物かご八分目に食材の買い出しをすれば中身をすべて収納できるようなサイズ設計です。

2. 持ち運びしやすい軽量設計

ハードクーラーボックスと比較して扱いやすい軽量設計。BBQや1泊程度のキャンプ、日常の買い出し等様々なシーンで気軽に使用することが可能です。

3. 極厚発泡ポリエチレンフォーム

一般的なソフトクーラーバッグと比べ厚い断熱材を使用しています。※画像は同断熱材の「ソフトくらこ(10)(CL1-720-BK)」を使用しています。

4. 食材を整理できるパーテーション2枚付属

ビール、肉、野菜など、同じクーラーバッグの中で分けて保管することができるように、パーテーションを2枚付属。パーテーションの位置は面ファスナーで自由に変更できます。

5. ギアの保管・運搬にも使いやすいサイズ感

断熱材に使用している極厚の発泡ポリエチレン素材は衝撃吸収効果も高いため、ギアボックスとして使用することも可能。オーガナイザーや小分けの箱を使って、自分が使いやすいギアの配置を考えてみてください。

6. 350ml缶が縦に2段収まる高さ

クーラーバッグの高さは350mlのビール缶が縦に2本ぴったり入るサイズ設計。キャンプやBBQでのドリンクも効率よく保冷して運搬することが可能です。

ソフトくらお(23) 参考価格 ¥10,120

【SPEC】
カラー:ブラック、タン
サイズ:(約)W40×D29×H29cm
インナーサイズ:(約)W35×D25×H26cm
重量(付属品含む):(約)1.3kg
材質:アウター/ポリエステル(ラミネートPVC)、断熱材/発泡ポリエチレン、インナー/PEVA
静止耐荷重:10kg
容量:(約)23L
セット内容:バッグ本体、肩掛け用ベルト、パーテーション2枚

クーラーボックスとしてだけではなくギアボックスとしても使い勝手が良い「ソフトくらお(23)」。ギア用に1つ、食材用に1つの2個使いがオススメ。車の積載がすっきりしますよ。

お問い合わせ:DOD(ビーズ) 050-5305-9905 https://ec.dod.camp

▼こちらの記事もどうぞ