完売!入荷早々に 埼玉・越生産梅肉ペースト入り「うめりん あんころ餅」人気 食べたことない味

© 株式会社埼玉新聞社

越生産の梅肉ペーストをあんこに練り込んだ「うめりん あんころ餅」=うめその梅の駅

 埼玉県越生町などが出資する第三セクターの越生特産物加工研究所(社長・新井康之町長)は、越生産梅肉ペースト入りのあんこで餅(求肥)を包んだ菓子「うめりん あんころ餅」を発売した。甘さを抑えた、さわやかな梅の風味が特長。

 町の観光案内所や農産物直売所などで3月に試験販売したところ「食べたことのない味わい」などと好評だった。今月から本格的に売り出し、入荷早々に売り切れる日もある人気ぶりという。

 伊勢名物の和菓子「赤福」をイメージして完成させた一品で「あんこに梅という組み合わせの意外性が受けている。早くもわが社の売れ筋トップ3に入っている」と同社。越生町マスコット「うめりん」がデザインされた箱入り12個で税込み700円。賞味期限60日。

 越生特産物加工研究所は、町特産の梅とユズを使用した製品開発・販売を目的に1980年、町の直営加工所として開設した。87年に第三セクターとなり、これまでに梅ジュース「元気百梅」、香り豊かな「柚子羊羹(ゆずようかん)」などを生み出している。

 「うめりん あんころ餅」は観光施設「うめその梅の駅」、観光案内所オーティック、JAいるま野越生農産物直売所などで販売中。

 問い合わせは、越生特産物加工研究所(電話049.292.4063)へ。