BimBamBoomの女性アーティストコラボ企画、早くも第2弾完成! UCARY & THE VALENTINEとの「Go to the Future」配信リリース! 7月2日には新宿LOFTにてライブ決定!

© 有限会社ルーフトップ

ドラマー山口美代子率いるオルタナティブファンクバンド、BimBamBoom(ビンバンブーン)が女性アーティストとのコラボ作品をリリースする企画、早くも第2弾として4月22日(木)にUCARY & THE VALENTINEとの楽曲「Go to the Future」を配信リリースすることが明らかになった。

前作、xiangyuとのコラボ曲「そぼろ弁当」は今年2月22日に配信リリースされたばかりで、そのわずか2カ月後のリリースとなる。今回のコラボアーティストはUCARY & THE VALENTINE。もともとはドラマーでリーダーである山口美代子が2011年ごろUCARY & THE VALENTINEのサポートドラマーして参加したことがきっかけで、それ以来公私ともに親交があった。

UCARY & THE VALENTINEは、17歳でバンド“THE DIM”で作詞作曲、ボーカルを担当。2011年に東京に拠点を移し、ソロ名義UCARY & THE VALENTINEとして活動を開始。銀杏BOYZ、くるり、木村カエラなど様々な場面でゲストボーカルやバックコーラスを務め、楽曲提供、アレンジャー、音楽活動の他にもデザイナー、モデルとしても活躍するなど幅広く活動する女性アーティスト。

楽曲はUCARY& THE VALENTINEの曲とBimBamBoomキーボーディストの田中歩の曲をドッキングさせたのだという。中毒性のあるリフレインが心地よく、曲が進むにつれて世界がまるで宇宙へと広がってゆくようなダンスナンバー。まさにタイトル通り「未来」への旅路に誘われているようだ。

また歌詞はUCARY & THE VALENTINEのコロナ禍における強い意志が込められ、葛藤しながらも未来へ進んでゆく気持ちが表現されている。うねるリズム隊とグルーヴするギター・キーボード・サックスはBimBamBoomの持ち味を存分に発揮しており、そこにボーカル/コーラスが絡み合う絶妙なコラボレーションだ。

今回もBimBamBoomの演奏のみのバージョンも同時にリリースされており、歌入りバージョンとはまた違ってシンプルながらタイトで力強い演奏が詰まっている。

前回に引き続き、ミュージックビデオはBimBamBoomのギター岡愛子が監督、撮影、編集まで1人で制作しており、6人が世界中を旅するシーンがユーモアたっぷりに映されており個性的で楽しめる。

さらに発売日の4月22日(木)21時よりオフィシャルYouTubeチャンネルにてBimBamBoomのライブがプレミア公開され、7月2日(金)には新宿LOFTにてORESKABANDとの2マンで久々の有観客ライブが決定しているのでぜひチェックしていただきたい。

BimBamBoomは今年1年をかけて様々なジャンルの垣根を越えた女性アーティストとのコラボを計画中とのこと。どんな化学反応を起こしていくのか、これからのBimBamBoomの活動に期待したい。