東京円、108円台後半

© 一般社団法人共同通信社

 16日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比08銭円安ドル高の1ドル=108円89~90銭。ユーロは18銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円53~57銭。

 前日の米長期金利が低下し、日米の金利差が縮小するとの思惑から朝方は円を買ってドルを売る動きが優勢だった。その後は、支払いのためにドル資金が必要な国内輸入企業による円売りドル買い注文も入り、もみ合った。

 市場関係者からは「菅義偉首相とバイデン米大統領による日米首脳会談を控え、様子見気分が強かった」との声も聞かれた。

この記事はいかがでしたか?