SBKの暫定カレンダー変更。全13戦は維持、エストリルは第2戦として5月末に開催

©株式会社サンズ

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とドルナスポーツは4月16日、2021年シーズンにおけるスーパーバイク世界選手権(SBK)の暫定カレンダーを更新した。第1戦として位置づけられたエストリルラウンドが延期されていたが、第2戦として5月28~30日に開催されることが発表された。

 2021年シーズンのSBK暫定カレンダーは2020年11月30日に公開されたが、2月16日に第1戦として4月23~25日に予定されていたオランダラウンドが7月23~25日に延期された。

 ところが、3月9日に再度暫定カレンダーが変更され、5月7~9日に開催予定だったポルトガルのエストリルラウンドが延期。5月21~23日に開催予定となるスペインのアラゴンラウンドが開幕戦となることが明らかとなった。

 さらに、後日発表とされていたラウンドが8月20~21日に、2010年にオープンしたスペインのナバラ・サーキットで開催されることも発表された。

 そして今回、延期されたエストリルが5月28~30日に第2戦として開催されることがわかった。開幕戦として予定されていたオランダ、続くエストリルの日程が変更され、開催が後ろ倒しになったSBKだが、現時点では全13戦が予定されている。

4月16日に発表された2021年のSBK暫定カレンダー

 2021年シーズンのSBK暫定カレンダーは以下の通り。

■2021年SBK暫定カレンダー(2021年4月16日発表時点)

Round 開催地 サーキット 日程

第1戦 スペイン(アラゴン) モーターランド・アラゴン 5月21~23日

第2戦 ポルトガル(エストリル) エストリル・サーキット 5月28~30日

第3戦 イタリア ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 6月11~13日

第4戦 イギリス ドニントン・パーク 7月2~4日

第5戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 7月23~25日

第6戦 スペイン(ナバラ) ナバラ・サーキット 8月20~22日

第7戦 フランス マニクール・サーキット 9月3~5日

第8戦 スペイン(カタルーニャ) カタロニア・サーキット 9月17~19日

第9戦 スペイン(ヘレス) ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 9月24~26日

第10戦 ポルトガル(ポルティマオ) アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ 10月1~3日

第11戦 アルゼンチン サーキット・サンファン・ビリクム 10月15~17日

第12戦 インドネシア マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット 11月12~14日

– オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット TBA

この記事はいかがでしたか?